Kondensstreifen oder Chemtrails, ich egal. Sie haben immer auf uns existieren, offenbar und sicher.
FX    無料 無料 無料
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
RECOMMEND
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | PAGE TOP↑
    ボストンの爆弾テロは内部犯行である事を示す証拠
    category: 陰謀説 | author: まみ子
    0
      長らくブログを放置したままになっていましたが、今月より少しずつではありますが更新できるよう努力したいと思います。
      復帰第一弾は先日のボストン・マラソンでのテロ攻撃に関する記事をご紹介いたします。
      現在、私が情報源としているページは全てこの話しで埋め尽くされていますので、陰謀系らしく偽旗作戦を匂わす記事を取り上げてみました。

      なお、今月末で現在のブログの契約期間が満了するため、URLが変更になります。あまり時間が無くて申し訳ありませんが、ブックマークの変更等をお願いします。
      新しいURLは、

      http://chemblog-neue.jugem.jp/

      新ケムログです。今後ともよろしくお願いいたします。

      The Boston Bombing Is An Inside Job -- Evidence!

      The Boston Bombing Is An Inside Job -- Evidence!

      ボストンの爆弾テロは内部犯行である事を示す証拠

      TUESDAY, APRIL 16, 2013

      2013年4月16日火曜日

      The Boston marathon bombing has the signature of the shadow government written all over it!

      ボストン・マラソンの爆弾テロは、陰の政府が全てをお膳立てしたという特徴を示している!

      "Boston marathon bombing happened on same day as 'controlled explosion' drill by Boston bomb squad", Mike Adams reports for Natural News.

      「ボストン・マラソンの爆弾テロは、ボストン爆弾処理班による『制御下の爆破』演習と同じ日に発生していると、ナチュラルニュースのマイク・アダムスが報告している」。

      "What's not yet being reported by the mainstream media is that a 'controlled explosion' was under way on the same day as the marathon explosion.

      「主流メディアがまだ報道していない事の一つに、『制御下の爆破』がマラソンの爆弾テロと同じ日に進行中だったことが挙げられる。

      As the Boston Globe tweeted today, 'Officials: There will be a controlled explosion opposite the library within one minute as part of bomb squad activities.'

      ボストン・グローブ(Boston Globe)の本日のツイートによると、『関係者:爆弾処理班の活動の一環として、一分以内の制御下の爆破が図書館の反対側であった』という。

      Some people believe this explosion might have been part of the demolition of another bomb. It seems unlikely, however, that a bomb at the library, one mile away, could be so quickly located and rigged to be exploded by the bomb squad in less than one hour following the initial explosions at the marathon." -- [1].

      一部の人々はこの爆発が別の爆弾による破壊の一部だと捉えたようだ。しかしながら、爆弾処理班が最初にマラソンの爆弾テロが発生してから1時間以内というあまりにも早いタイミングで、1マイル先の図書館に爆弾を仕掛け爆破したという事は考えにくい。

      This is the EXACT modus operandi of the secret brotherhood ruling the world from the shadows!

      これこそ正に、裏から世界を操っている秘密組織による犯罪の手口なのだ!

      I will present you a series of terrorist attacks that took place AT THE SAME TIME and IN THE SAME WAY as official "drills" were being conducted by governmental institutions or companies affiliated to the government:

      ここに実行された一連のテロ攻撃を示すと同時に、政府の関係研究機関或いは企業が公式「演習」を同じく実行していた事を示すものである:

      I remind you that during the 9/11 attacks, the US Air Force was conducting a "simulation" where terrorists hijackers had taken over passenger jets in order to fly them into the WTC towers.

       9/11テロ攻撃の際、米国空軍はテロリストが民間旅客機をWTCタワービルに激突させるためにハイジャックしたという「模擬演習」を実施していた事を思い出して頂きたい。

      Also, for several years prior to the 9/11 events, the U.S. defense agency conducted "drills using REAL AIRCRAFT simulating terrorist attacks crashing jets into buildings, including the twin towers and the Pentagon."

      さらにその数年前には、米国防省が「ツインタワービルやペンタゴンを含む建造物に、ジェット機を衝突させるテロ攻撃を模倣するため、実際の航空機を用いた演習」を実施していたのだ。

      "On the morning of 9/11, 5 war games and terror drills were being conducted by several U.S. defense agencies, including one 'live fly' exercise using REAL planes. Drills also apparently included the injection of false 'radar blips' onto the screens of air traffic controllers." [2] points: 15, 16, 17 and 18.

      「9/11が発生した朝、幾つかの米国防省機関による、実機を用いた『実地飛行』訓練を含む5つの作戦演習と対テロ演習が実施されていた。演習には偽の『レーダー標的』が航空管制スクリーンに導入されていたことが明らかになっている」。

      "Simulations" of a terrorist attack were also undergoing in 2005 in London, when the actual attacks took place:

       テロ攻撃の「模倣」は、実際のテロ攻撃が発生した2005年のロンドンでも実施されていた。

      "On the afternoon and evening of 7th July 2005, information came to light about a private company running a terror rehearsal operation in London at the time that real explosions were reported to have occurred on the transport network. These revelations came not from an anonymous source but instead from the Managing Director (Peter Power) of the private firm running the terror rehearsal operation."

      「実際の爆発が交通網で発生した2005年7月7日の午後から夜にかけての、民間企業による対テロ予行練習実施に関する情報が明らかになっている。これらの情報は、匿名情報筋からではなく、対テロ予行練習を実施していた民間企業の最高経営責任者(ピーター・パワー)によってもたらされていた」。

      Do you think it was just a coincidence? Well, think again!Peter Power: "Our scenario was very similar (...) it was based on bombs going off, to the time, the locations, all this sort of stuff. (...) there was a few seconds when the audience didn't realize whether it was real or not."

      これはただのなの偶然だろうか?もっとよく考えてみよう

      ピーター・パワー(Peter Power):「爆弾の爆発に関する基本的な事柄、時間、場所、その他これに類する要素が私たちのシナリオと酷似していたため、参加者がその真偽を確認するのに数秒を要した」。

      "Yesterday we were actually in the City working on an exercise involving mock broadcasts when it happened for real. (...) When news bulletins started coming on, people began to say how realistic our exercise was - not realizing there was an attack."

      「昨日、私たちはそれが実際に発生した時、模擬放送に関連した演習のため実際にシティに居た。ニュース記事が流れ始めた時、それが本物の攻撃だとは気づかず、この演習の臨場感を皆が口にした」。

      I don't know how many of you know, but almost one hour after the London Underground tube system attacks, a fourth bomb was detonated on the top deck of a double-decker bus.

      ロンドン地下鉄攻撃のほぼ一時間後に、第4の爆弾が2階建てバスの上層階で爆発した事を一体どれほどの人が知っているのだろうか。

      But Mr. Power's "simulation" did not included any bus bombing "simulation"...or has it?

      しかし、パワー氏の「予行練習」には、バスの爆破に関する「練習」は一切含まれていなかったのか、それとも?

      Peter Power: "We simulated a scenario with multiple bomb explosions (...) and 1 bus interchange, to stretch ourselves and test our capabilities." -- [3].

      ピーター・パワー:「私たちは自分たちの能力を極限まで広げ、その能力をテストするため1つのバス乗換駅を含む複数の爆破シナリオを想定していた」。

      And there is more!

      During the Sandy Hook massacre, the Department of Homeland Security and FEMA conducted an exercise entitled: "Needs for children in disasters" at the same day, 12/14/2012, and in the same State as the Sandy Hook events! -- [4] at 1:16:23 into the documentary.

       サンディフック銃乱射事件が発生した同じ日の2012年12月14日、同じ州において国土安全保障省とFEMAは「災害時における子供への必要事項(Needs for children in disasters)」と題した演習を実施していたのだ!

      A "simulation" for a 7.9 Richter earthquake was planned on March 20, 2012 in Mexico. In the same day, a 7.9 magnitude earthquake actually occurred. [5].

       マグニチュード7.9の地震に対する「予行練習」は、2012年3月20日にメキシコで計画された。その同じ日に、マグニチュード7.9の地震が実際に発生している。

      "Colorado University held identical drill, the same day as the Batman massacre." [6] Alex Jones.

       「コロラド大学は、バットマン乱射事件と同じ日に同一の演習を実施していた」。

      The Oslo, Norway, bomb attacks -- "In Oslo, a powerful bomb went off in or near the building which houses the office of the Prime Minister. Exactly as we would expect, special anti-terror police had been drilling setting off bombs in a nearby part of the Norwegian capital in advance, specifically during 2010. The public had not been informed in advance, but found out what was happening when they began hearing bombs in the opera house district, less than a kilometer away from the prime minister’s office which was attacked on Friday. Here is a report from the newspaper Aftenposten:

      ノルウェー、オスロ爆破事件 「オスロで強力な爆弾が首相府周辺で爆発した。それに先駆けること2010年、対テロ特殊警察がノルウェー首都近郊で爆発物に関する演習を実施していた事は想像に難くない。大衆には前もって公表されていなかったが、金曜日に攻撃を受けた首相府から1キロメートルも離れていないオペラハウス地区で爆発音を聞いた時、彼らは何が起きたのかを看破した。

      'Armed police were seen in the area around the opera house in Oslo, and violent explosions could be heard over large parts of the city. No one knew that this was all a matter of practice. The Information Section of the Oslo police deeply regrets that the public was not made aware of the seemingly dramatic exercise….It was the emergency squad, the national police special unit against terrorism, which was conducting a drill in the cordoned off area at Bjørvika pier.

      「武装警察の姿がオスロのオペラハウス周辺地区で見られ、市の大部分で大きな爆発音が聞こえた。この全てが演習だと知る者は誰もいなかった。この一見ドラマチックな演習を大衆が気づかなかった事に対し、オスロ警察広報課は遺憾の意を表明している。ビョルヴィカ桟橋の封鎖地域で演習を実施したのは、救急隊、国家警察対テロ特殊部隊だった。

      According to a press release from the police, nearly a day after the exercise, the drill consisted of training in the controlled detonation of explosive charges….The exercise will continue for the rest of Wednesday night and a few more explosions are expected….The exercise followed a familiar pattern for all anti-terror forces around the world: The men lowered themselves down from the ceiling and into through the window that had just been blown out, while they fired hand their weapons.'" [7] & [8].

      警察の新聞発表によると、爆発物の制御爆破訓練から成る演習からほぼ1日が経過した後も、演習は水曜日の夜間まで続けられ、さらに幾つかの爆発が見込まれていた。演習は世界中の対テロ部隊にとって一般的なパターンに則ったものであった。部隊が攻撃する間に爆破された天井や窓から侵入する。

      The officials have already labeled this as a TERRORIST attack. It is indeed a terrorist attack, but the terrorists are the so called "elite" who stage and benefit from these acts of terror.

      関係筋はこれをテロ攻撃に分類していた。いかにもそれはテロ攻撃ではあるが、このテロ行動を設定し支援しているテロリストは、いわゆる「エリート」なのだ。

      It is yet another deception, PLEASE, do not fall for it! As a result, we will loose even more of our liberties. Let us wait and see who will be falsely accused by the Babylonian Brotherhood and we shall find out what their secret agenda is, in this case. Stay OPEN MINDED and, please, share the article. It is crucial to spread awareness.

      他にも欺瞞はまだあるが、どうかそれらに引っかからないで欲しい!結果として、私たちはさらに自由を失うことになるのだから。バビロニアン・ブラザーフッドが誰を不当に糾弾するのか待っていれば、彼らの秘密協定を見つける事が叶うだろう。常に心を開き、そしてこの記事を共有して欲しい。覚醒を広めるためにこれは極めて重要なのだ。

      Update 01: "University of Mobile’s Cross Country Coach, who was near the finish line of the Boston Marathon when a series of explosions went off, said he thought it was odd there were bomb sniffing dogs at the start and finish lines.

      更新01.:「一連の爆発が発生した際、ボストン・マラソンのゴール地点近くに居たモビール大学のクロスカントリー部コーチによると、爆発物探知犬がスタート地点及びゴール地点に居たのを奇妙に感じたという。
      'They kept making announcements on the loud speaker that it was just a drill and there was nothing to worry about,” Coach Ali Stevenson told Local 15. “It seemed like there was some sort of threat, but they kept telling us it was just a drill.'

      『彼らは、これは演習であり何も心配する事はないと、拡声器で繰り返しアナウンスしていた』とアリ・スティーブンソンは地元メディアに話している。『それは何らかの脅威のように感じたが、それでも彼らはこれがただの演習だと言い続けていた』

      Stevenson said he saw law enforcement spotters on the roofs at the start of the race. He's been in plenty of marathons in Chicago, D.C., Chicago, London and other major metropolitan areas but has never seen that level of security before." -- Source.

      レース開始時に屋根の上に警察の監視員が居るのを見かけたとスティーブンソンは話している。彼はこれまでにも、シカゴ、ワシントン、ロンドンやその他の大都市で開催された多くのマラソンに居合わせた事があるが、これほどまでのレベルのセキュリティ体制は見たことがないという」

      Update 02: Apparently, "Sandy Hook parents, families and townspeople were among the VIP attendees invited to sit in the grandstands at the finish line...the location of the first blast." -- Source.

      更新02:「VIP参列者の中にはサンディフックの家族や親族、住民が最初の爆発が発生したゴール地点の特別観覧席に招かれ着席していた」事は確かだ。

      Update 03: The word "terrorism" is being used EXCESSIVELY on most main stream news channels. They pretend to be impartial and warn us not to jump to conclusions, but it's just a deceptive tactic. What they are actually doing, is inducing this idea into to the people's subconscious. Repeat something enough times and it will become fact.

      更新03:「テロ」という言葉は、主要ニュース番組で過剰に使われている。彼らは公平なフリをし、私達に慌てて結論を出さないよう警告しているが、それこそが欺瞞の戦略なのだ。彼らが実際にやっている事は、人々の潜在意識をこの考えに誘導しているのだ。何度も何度も繰り返せばそれが事実となるのだ。

      Update 04: Do you remember the FAKE victims of 9/11? I will now present you Dawn, the Principle of Sandy Hook elementary school, who was killed in the massacre. Or was she?

      更新04:9/11の偽の犠牲者を覚えているだろうか?サンディーフックの小学校の虐殺によって殺害されたドーン(Dawn)を紹介しよう。それとも彼女だったのか?

      According to the main stream media, this time her name is Donna and she was just a few blocks away from the Boston bombings.

      主流メディアによると、今回の彼女の名前はドナ(Donna)であり、彼女はボストンの爆破テロの数ブロック先に居合わせていたという。
      comments(0) | trackbacks(0) | - | PAGE TOP↑
      new old
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      LINKS
      PROFILE
      OTHERS
      SEARCH