Kondensstreifen oder Chemtrails, ich egal. Sie haben immer auf uns existieren, offenbar und sicher.
FX    無料 無料 無料
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | PAGE TOP↑
    誰が700万トンもの地球の土を火星へと輸送したのか?
    category: インディアデイリー | author:
    0
      本日はちょっとだけ寄り道をして、インディア・デイリーから火星に関する記事をご紹介します。
      いつもながらこのスパッとした切り口には恐れ入ります。

      大気薬理学は各章ごとにアップしますので大分時間がかかると思います。気長にお待ち下さい。

      Who transported 7 million tons of earth soil to Mars?

      誰が700万トンもの地球の土を火星へと輸送したのか?

      インディアデイリー科学技術班 2008年6月7日

      NASA は、火星の土壌には微生物が含まれている可能性がある事を徐々に明らかにしている。火星の過酷な環境に生息する初の地球外生命体の存在を我々が知るのは時間の問題だ。

      学者達は、7百万トン近い地球の土が火星には存在すると見ている。最大の謎は誰がそれを運んだのかという事だ。地球の土を火星に分布させる方法を考える時、それらは何度も進化生物学者を傷つけてきた。

      一体誰が、それほど大量の土を火星へと運んだのだろうか?

      過去何十億年にも渡る火山の噴火によって、これらの土が火星に運ばれたとするなど幾つかの説が存在している。しかし月に土がなかったとしたら、火星にはどのようにしてそれが運び込まれたのだろうか。

      答えは、かつて地球で栄え、我々の何倍も洗練されていた太古の失われた文明にある。それは、タイプ?レベルの高度な知識から持ち込まれた地球外の技術を起源としていた。

      数百万年前に地球を支配していた地球外の文明は、地球と火星との間に月を経由したスーパー・ハイウェイを造り出していた。地球の生活環境が悪化した時、彼らは新たな居留地への移動を開始した。結局、火星の環境も悪化したため、彼らは他の太陽系へと向かった。彼らは、微生物(地球がより住みやすくなった時、知的生命へと発展する遺伝子組み換えを施したいわゆる命の種)を残した。現在の我々はその生成種子が発展した結果なのだ。火星で我々が発見したのは、同様の生成種子であり、我々を含む生命を作り出すのだ。火星が再び居住可能となった時、この微生物の生成種子は知的生命体への進化を受け入れるだろう。

      comments(0) | - | - | PAGE TOP↑
      new old
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      LINKS
      PROFILE
      OTHERS
      SEARCH