Kondensstreifen oder Chemtrails, ich egal. Sie haben immer auf uns existieren, offenbar und sicher.
FX    無料 無料 無料
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | PAGE TOP↑
    医学雑誌の記事:アメリカ人14,000人の死が福島原発事故による死の灰に関係している
    category: 原発事故 | author:
    0
      本日は、昨日の記事を投稿した後に発見した、福島の原発事故に関する記事をご紹介します。

      何やら日本では、フェイズツー?とやらが終了し、原発事故があたかも終息したかのごとく取り扱われていますが、こんな呑気なことを言っているのは当事国の日本ぐらいではないでしょうか。

      遠く離れたアメリカの現状がここまで悪化しているのに、日本の状況がそんなことを言っていられるはずはないと思うのですが、素人が国政を担っている今の日本では希望はありませんね。


      Medical Journal Article: 14,000 U.S. Deaths Tied to Fukushima Reactor Disaster Fallout

      Medical Journal Article: 14,000 U.S. Deaths Tied to Fukushima Reactor Disaster Fallout

      医学雑誌の記事:アメリカ人14,000人の死が福島原発事故による死の灰に関係している

      影響は概算でも、チェルノブイリ事故後の放射線に関連した死に匹敵する。乳児達が最も深刻な影響を受けている。調査の継続によって、死亡者数はさらに増加する可能性が示されている。

      2011年12月19日、ワシントン /PRNewswire-USNewswire/ -- International Journal of Health Services(=IJHS)の2011年12月号に掲載された、主要なニュース記事によると、米国における推定14,000人の過剰死亡が、日本で発生した福島原発事故による、放射性降下物に関係しているという。
      これは、医学雑誌に掲載された福島の健康に対する危険を調査した、同領域の専門家による初の発表となる。

      著者の、ジョセフ・マンガーノ(Joseph Mangano)と、ジャネット・シャーマン(Janette Sherman)は、福島のメルトダウン後14週間における、推定14,000人の米国内の過剰死亡が、1986年に発生したチェルノブイリのメルトダウン後17週間における、16,500人の過剰死亡に匹敵する事に注目している。福島の事故後に報告された死亡の上昇は、米国の1歳以下の乳児にあっては最大となっている。2010年〜2011年の春における乳児の死亡率は1.8パーセント増加したのに対し、先の14週間では8.37パーセントの減少となっている。

      IJHSの記事は火曜日に発行され、http://www.radiation.org/で、東部時間午前11時にはオンラインで利用可能となる。

      3月11日に福島にある4基の原子炉を襲った、悲惨なメルトダウンのちょうど6日後、科学者達がアメリカ沿岸の上空に有毒な放射性降下物を検出している。米国環境保護庁(EPA)による事後測定で、大気、水そしてミルクの放射線レベルは、米国全土に渡り通常の数百倍を検出している。米国で、降下したヨウ素131の最も高いレベルが検出されたのは、(通常ヨウ素131のレベルは、水1リットル中に約2ピコキュリーであるのに対し)アイダホ州ボイジー(390)、カンザスシティ(200)、ソルトレイクシティ(190)、フロリダ州ジャクソンビル(150)、ワイオミング州オリンピア(125)、マサチューセッツ州ボストン(92)となっている。

      疫学者のジョセフ・マンガーノMPH MBAによると、「福島の健康に関する危険性の調査が、学術誌に発表されるのは初めての事だ。懸念は高まっており、日本と世界中における福島の真の影響を理解するため、健康調査の継続を強く推奨する。新しい原子炉をどのように建造するか、また経年変化し炉の運転期間をどの程度にするのかという、最新の議論のためにこの発見は重要だ」という。

      マンガーノは放射線と公衆衛生プロジェクトの事務局長であり、同領域の専門家による記事や投書として、医学雑誌に27の記事が掲載されている。

      内科医で毒物学者のジャネット・シャーマンMDによると、「私達の継続調査に基づくと、実際の死亡者数は、死亡の原因として問題となっている期間の5倍となる、インフルエンザや肺炎と同等の18,000人となっています。死亡者は全ての年齢で見られていますが、組織が急速に増殖し、未発達の免疫系を有していることから、放射線照射量が大人と比較して比例的に高い、乳児への影響が最も深刻であることを発見するために調査を継続しています」。

      シャーマン博士は、ウェスタンミシガン大学の助教授で、ニューヨーク科学アカデミー監修の「チェルノブイリ惨事による民衆及び環境への影響(Chernobyl - Consequences of the Catastrophe for People and the Environment)」の補助編集員であり、「絶妙な命のバランス -- 乳癌の原因と予防(Chemical Exposure and Disease and Life's Delicate Balance - Causes and Prevention of Breast Cancer)」の著者でもある。

      疾病予防管理センター(CDC)は、米国内の人口10万人以上、又は米国の25〜30パーセントに該当する122都市の死亡者数を週報で公表している。福島の放射性降下物が米国に達した後の14週間(3月20から6月25日)で、CDCが公表した死亡者は、先の14週で2.34パーセントであったのに対し、その2010年の同じ期間より4.46パーセント上昇している。この期間の全米における推定過剰死亡者数は、約14,000人となっている。


      Follow Chemblog on Chem_Blogをフォローしましょう

       

      comments(0) | - | - | PAGE TOP↑
      new old
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      LINKS
      PROFILE
      OTHERS
      SEARCH