Kondensstreifen oder Chemtrails, ich egal. Sie haben immer auf uns existieren, offenbar und sicher.
FX    無料 無料 無料
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | PAGE TOP↑
    2014年03月11日のつぶやき
    category: - | author: まみ子
    0
      13:00
      危険にさらされる共通重心 http://t.co/UQuY8GxC #jugem_blog
      12:04
      中国版エリア51 http://t.co/F7L5mlCk #jugem_blog
      15:01
      「これまでで最も有毒な衛星の落下」 http://t.co/r55Ox2KH #jugem_blog
      15:37
      政府の要請「暴動や社会不安を含む極端なシナリオに備えた緊急時対策」 http://t.co/dQq8RDdm #jugem_blog
      13:44
      http://t.co/XTRrlTmg:"Sorry you are too late." http://t.co/NM4LT7x5 #jugem_blog
      13:30
      不可解な手稿のコードを解読したと、自称「神の予言者」が主張している http://t.co/qw0HcA4i #jugem_blog
      12:42
      投資家のジム・ロジャーズがGBTVに出演し恐ろしい警告を発した:「それは我々の知る世界を終わりへと導くだろう」 http://t.co/jyflA9xS #jugem_blog
      16:44
      金正日から正体不明の「無慈悲」な人物へと渡った北朝鮮 http://t.co/rbeBvV2I #jugem_blog
      09:50
      医学雑誌の記事:アメリカ人14,000人の死が福島原発事故による死の灰に関係している http://t.co/v1L2J8OS #jugem_blog
      14:02
      ロンドンオリンピックで10万人が死亡する http://t.co/Rn6EcXkn #jugem_blog
      11:48
      政府がオバマ大統領の火星へのテレポートを否定している http://t.co/aC5P1qit #jugem_blog
      12:05
      30年前の非常に恐ろしい2012年に関する霊能者の予言 - 英語字幕版 http://t.co/48YD4y3N #jugem_blog
      12:31
      「不運な大型客船が転覆した時、船内のレストランでは映画タイタニックのテーマが演奏されていた」とスイス人の兄弟が主張している http://t.co/2sm6NwI8 #jugem_blog
      11:55
      ドミニカ共和国で2012年1月16日の週にマグニチュード12.5の巨大地震が発生するという予言 http://t.co/7rjWQLvE #jugem_blog
      13:29
      奇怪な音が聞こえた地域の地図 http://t.co/LA9q3yLa #jugem_blog
      12:00
      到来する太陽フレアに関する知識 http://t.co/RHfkVSDo #jugem_blog
      14:32
      アメリカでの激しい暴動、金融崩壊、政府による弾圧に関するソロスの警告:「生き残ることが最重要だ」 http://t.co/s128lMnP #jugem_blog
      12:37
      異星人達が月から私達を監視しているというあり得る証拠 http://t.co/XxwVrszQ #jugem_blog
      12:25
      奇妙な雲がフロリダのビーチに現れた http://t.co/d6UMzD0D #jugem_blog
      14:39
      マラキの教皇に関する予言は2012年に実現するのだろうか? http://t.co/E77d2ZaM #jugem_blog
      14:07
      FEMAの友人が「しばらくの間」居なくなる http://t.co/MkqT5ycb #jugem_blog
      12:00
      爆発の後、不思議な物体が空から落ちてきた http://t.co/Avdui2jB #jugem_blog
      11:13
      適切な行動....ウィークゼロ:地球規模のホ・オポノポノ http://t.co/OBmQ1cL3 #jugem_blog
      10:31
      別の小惑星(2012 DA14)が2012年2月15日に向かってくる途上にある http://t.co/44HlAiqJ #jugem_blog
      14:41
      2012年3月18日の新聞発表 http://t.co/VYBWQIlM #jugem_blog
      16:21
      地震専門家によると、地球はバラバラになろうとしているという http://t.co/zOuYestC #jugem_blog
      15:05
      NASAの人工衛星は、太陽の地獄のような表面をサーフィンしている巨大なUFOを捉えたのか? http://t.co/C2WdNFdy #jugem_blog
      13:44
      マッカーサーコーズウェイ付近で警官に射殺された全裸の男は被害者の顔を「食べて」いた http://t.co/1KpufIef #jugem_blog
      15:51
      昨日の天気 http://t.co/ogFEauoq #jugem_blog
      11:05
      アメリカのほぼ全てを壊滅させる巨大火山の噴火が間近か?その恐れがあると科学者は懸念している http://t.co/gD3C4zrh #jugem_blog
      17:02
      NASAとSETIの天文学者が、木星の衛星ガニメデからの異星人の信号を検出している http://t.co/XDIyan8z #jugem_blog
      11:35
      バルト海の異常:入口だとすれば何処へ続くのか、いつ開くのか、正体は何なのか? http://t.co/lhReiJez #jugem_blog
      10:38
      元職員の「ロズウェル事件」に対する主張にCIAが答えた:事実無根である http://t.co/VP49hkhn #jugem_blog
      15:18
      フロリダで災害か?8月9日〜9月8日までの休暇を病院側が取り消している http://t.co/AOYlm9WL #jugem_blog
      16:13
      オリンピック閉会式のサプライズ http://t.co/Vvk2CVGy #jugem_blog
      14:19
      惑星ではなくむしろ巨大な宇宙船... http://t.co/i04DVVz3 #jugem_blog
      12:48
      警戒メモ:避難の時が間近に迫っている! http://t.co/41DHevGE #jugem_blog
      10:18
      2012年11月21日、地球はニビルと衝突する http://t.co/HNZUoGro #jugem_blog
      16:23
      プロジェクト・エクソダス http://t.co/5JWJf4Jp #jugem_blog
      16:18
      スペツナズが確認された http://t.co/S9oRfgyw #jugem_blog
      16:48
      未来から来たというチリ人の奇妙な事件 http://t.co/Awr8KRcr #jugem_blog
      08:55
      リンゼイ・ウィリアムス:オバマは次の大統領とはなり得ない http://t.co/CIbYYyKG #jugem_blog
      16:36
      オバマ大統領が2012年末までにアメリカの戒厳令を宣言するとロシアの専門家が予測している http://t.co/LQXA5ctR #jugem_blog
      17:12
      ザルダリ大統領:娘を助けて下さい! http://t.co/aKyczP0K #jugem_blog
      11:37
      現在の富士山の圧力は前回の噴火時よりも高いと専門家が警告している http://t.co/UCMgWX8E #jugem_blog
      11:19
      元国務省古株職員の爆弾発言:第三次世界大戦は9月25日に始まる http://t.co/9y3MYgfm #jugem_blog
      20:47
      Just bought at UnlockStreak and got a coupon to share with my friends http://t.co/xdAcLJXQ
      15:37
      海岸沿いで発生する地球規模の出来事をWebbotが予言している http://t.co/K1Lp3tY8 #jugem_blog
      12:39
      ボストンの爆弾テロは内部犯行である事を示す証拠 http://t.co/nrkp8epbH5 #jugem_blog
      19:39
      DNA配列の内部に神の隠されたメッセージが発見された http://t.co/ff28uc3wGf #jugem_blog
      - | - | - | PAGE TOP↑
      2013年05月18日のつぶやき
      category: - | author: まみ子
      0
        19:39
        DNA配列の内部に神の隠されたメッセージが発見された http://t.co/ff28uc3wGf #jugem_blog
        - | - | - | PAGE TOP↑
        DNA配列の内部に神の隠されたメッセージが発見された
        category: 謎、不思議な話 | author: まみ子
        0
          新ケムログに引越ししてから、なかなか更新できずにいますが、今回は嘘か真か人の遺伝情報に神のメッセージが隠されていたというお話をご紹介いたします。

          私なりにネイチャー誌などを探してみましたが、残念ながらこれを裏付ける記事は発見できませんでした。

          さらに発見したのがハーバード大学というのが何ともな感じもしますが、個人的には事実であって欲しいです。

          Message From God Found Hidden Inside DNA Sequence

          DNA配列の内部に神の隠されたメッセージが発見された

          Feb. 01, 2013

          2013年2月1日

          Researchers at Harvard University announced today that they have found what appears to be a message from God written inside the human genome.

          人ゲノム内部に神が書いたと思われるメッセージを発見したと、ハーバード大学の研究者が本日発表した。

          In a little-explored section of non-coding DNA, a team of top geneticists discovered a 22-word snippet of ancient Aramaic in which God confirms his existence and his role in creating life on Earth.

          ジャンクDNAのあまり調査されていない部分に、神の存在と地球における生命創造に際しての役割を裏付ける古代アラム語から成る22の単語の断片を、遺伝学者のチームが発見した。

          The stunning finding represents nearly irrefutable evidence of God's existence and his role in creating the process of evolution by natural selection.

          この驚くような発見は、神の存在と自然淘汰による進化の過程におけるその役目に関して、反論の余地のない証拠を示している。

          The message was discovered when researchers noticed strange mathematical patterns appearing within a certain section of the genome.

          メッセージは、ゲノム内部の特定箇所での奇妙な数学的パターンに研究者が気づいた事によって発見された。


          For Heaven's Sake 何という事だ

          "We knew the patterns weren't naturally occurring," explains Charles Watson, the lead scientist on the project, "but we couldn't come up with any convincing explanation for them.

          「パターンが自然に発生しない事は分かっているが、それらについて納得のいく如何なる説明にもたどり着いていない」とプロジェクトを主導するチャールズ・ワトソンは述べている。

          "On a whim, we started cross referencing the patterns with language databases," he explains, "and we were shocked to find that the patterns corresponded to ancient Aramaic."

          「ふとしたことから言語データベースとそのパターンを相互参照した結果、古代アラム語と一致する事を発見し私たちは驚いている」と彼は説明する。

          Stunned by its discovery, the team contacted language experts familiar with Aramaic - the language Jesus Christ spoke in daily life.

          その驚くべき発見によって、チームはイエス・キリストが日常生活で話していた言葉である、アラム語に詳しい専門家にコンタクトを取ったのだという。

          Entirely decoded, the message reads: "Hello my children. This is Yahweh, the one true Lord. You have found creation's secret. Now share it peacefully with the world."

          全体を解読した結果、メッセージはこのように読めるという:「我が子達よ。私は真の神ヤハウェである。お前たちは創造の秘密を発見した。さあ、それを世界と平和のうちに共有するのだ」

          Yahweh is the biblical name for the Judeo-Christian god.

          ヤハウェは、ユダヤ教及びキリスト教共通の神の名である。

          Inherit The Earth 地球の相続

          The findings will be published in the journal Nature next month, and are expected to provoke the biggest scientific controversy since Charles Darwin published his theory of natural selection in 1859.

          この発見は、ネイチャー誌に来月掲載され、チャールズ・ダーウィンが1859年に自然淘汰という彼の説を発表して依頼、最大の科学的論争を引き起こす事が予想されている。

          "This doesn't mean that the theory of evolution is wrong," says Watson. "It's just incomplete. It seems that in reality the Judeo-Christian god actually started the whole process.

          ワトソンによると「これは進化論が誤りであるという意味ではない。それはまだ不完全であり、ユダヤ教、キリスト教共通の神という現実が、全体のプロセスで実質的に始まったかのようだ」という。

          "And instead of just telling us about natural selection, he left a hidden signature that we could find 200,000 years later when we invented the right technology. It makes total sense really.

          「神は自然淘汰に関してただ語るのではなく、私達が適切なテクノロジーを発明した20万年後に発見可能な隠されたサインを残したのだ。これは至極当然の事だ」

          "Before this discovery I was a committed atheist. Now I'm a devout Christian. This is exactly the kind of proof I needed to ease my doubts."

          「この発見以前の私は、筋金入りの無神論者だったが、今は敬虔なキリスト教徒だ。これこそ正に、私が必要としていた疑念を軽減する証拠の類なのだ」

          In addition to its profound impact on science, the news is set to revolutionize the world of comparative religion.

          このニュースは科学界に大きな衝撃を与えるばかりか、比較宗教学の世界に大変革をもたらせるだろう。

          "I think the message clearly indicates that God wants us to co-exist peacefully with our fellow human beings," says Janice Taylor, a bishop in the Anglican Church.

          「神が同胞との平和的共存を望んでいる事を、このメッセージははっきりと示している」と英国教会の司教であるジャニス・テイラーは話す。

          However, other Christian denominations have a different interpretation of the scientists' findings.

          しかし、他のキリスト教会派は、科学者の発見とは異なる解釈をしている。

          "Clearly this means our God is the one true God and that we should exterminate rival religions," says Frank Page, leader of the conservative Southern Baptist Convention."Now that we have truth on our side, I think it's time we start a new crusade."

          「これは明らかに、我々の神こそが真の神であり、敵対する教義は根絶されなければならないという事を意味している。真実は我々の側にあり、今こそ新たな聖戦を始める時なのだ」と南部バプテスト協議会のフランク・ペイジは話している。



          comments(3) | trackbacks(0) | - | PAGE TOP↑
          2013年04月17日のつぶやき
          category: - | author: まみ子
          0
            12:39
            ボストンの爆弾テロは内部犯行である事を示す証拠 http://t.co/nrkp8epbH5 #jugem_blog
            - | - | - | PAGE TOP↑
            ボストンの爆弾テロは内部犯行である事を示す証拠
            category: 陰謀説 | author: まみ子
            0
              長らくブログを放置したままになっていましたが、今月より少しずつではありますが更新できるよう努力したいと思います。
              復帰第一弾は先日のボストン・マラソンでのテロ攻撃に関する記事をご紹介いたします。
              現在、私が情報源としているページは全てこの話しで埋め尽くされていますので、陰謀系らしく偽旗作戦を匂わす記事を取り上げてみました。

              なお、今月末で現在のブログの契約期間が満了するため、URLが変更になります。あまり時間が無くて申し訳ありませんが、ブックマークの変更等をお願いします。
              新しいURLは、

              http://chemblog-neue.jugem.jp/

              新ケムログです。今後ともよろしくお願いいたします。

              The Boston Bombing Is An Inside Job -- Evidence!

              The Boston Bombing Is An Inside Job -- Evidence!

              ボストンの爆弾テロは内部犯行である事を示す証拠

              TUESDAY, APRIL 16, 2013

              2013年4月16日火曜日

              The Boston marathon bombing has the signature of the shadow government written all over it!

              ボストン・マラソンの爆弾テロは、陰の政府が全てをお膳立てしたという特徴を示している!

              "Boston marathon bombing happened on same day as 'controlled explosion' drill by Boston bomb squad", Mike Adams reports for Natural News.

              「ボストン・マラソンの爆弾テロは、ボストン爆弾処理班による『制御下の爆破』演習と同じ日に発生していると、ナチュラルニュースのマイク・アダムスが報告している」。

              "What's not yet being reported by the mainstream media is that a 'controlled explosion' was under way on the same day as the marathon explosion.

              「主流メディアがまだ報道していない事の一つに、『制御下の爆破』がマラソンの爆弾テロと同じ日に進行中だったことが挙げられる。

              As the Boston Globe tweeted today, 'Officials: There will be a controlled explosion opposite the library within one minute as part of bomb squad activities.'

              ボストン・グローブ(Boston Globe)の本日のツイートによると、『関係者:爆弾処理班の活動の一環として、一分以内の制御下の爆破が図書館の反対側であった』という。

              Some people believe this explosion might have been part of the demolition of another bomb. It seems unlikely, however, that a bomb at the library, one mile away, could be so quickly located and rigged to be exploded by the bomb squad in less than one hour following the initial explosions at the marathon." -- [1].

              一部の人々はこの爆発が別の爆弾による破壊の一部だと捉えたようだ。しかしながら、爆弾処理班が最初にマラソンの爆弾テロが発生してから1時間以内というあまりにも早いタイミングで、1マイル先の図書館に爆弾を仕掛け爆破したという事は考えにくい。

              This is the EXACT modus operandi of the secret brotherhood ruling the world from the shadows!

              これこそ正に、裏から世界を操っている秘密組織による犯罪の手口なのだ!

              I will present you a series of terrorist attacks that took place AT THE SAME TIME and IN THE SAME WAY as official "drills" were being conducted by governmental institutions or companies affiliated to the government:

              ここに実行された一連のテロ攻撃を示すと同時に、政府の関係研究機関或いは企業が公式「演習」を同じく実行していた事を示すものである:

              I remind you that during the 9/11 attacks, the US Air Force was conducting a "simulation" where terrorists hijackers had taken over passenger jets in order to fly them into the WTC towers.

               9/11テロ攻撃の際、米国空軍はテロリストが民間旅客機をWTCタワービルに激突させるためにハイジャックしたという「模擬演習」を実施していた事を思い出して頂きたい。

              Also, for several years prior to the 9/11 events, the U.S. defense agency conducted "drills using REAL AIRCRAFT simulating terrorist attacks crashing jets into buildings, including the twin towers and the Pentagon."

              さらにその数年前には、米国防省が「ツインタワービルやペンタゴンを含む建造物に、ジェット機を衝突させるテロ攻撃を模倣するため、実際の航空機を用いた演習」を実施していたのだ。

              "On the morning of 9/11, 5 war games and terror drills were being conducted by several U.S. defense agencies, including one 'live fly' exercise using REAL planes. Drills also apparently included the injection of false 'radar blips' onto the screens of air traffic controllers." [2] points: 15, 16, 17 and 18.

              「9/11が発生した朝、幾つかの米国防省機関による、実機を用いた『実地飛行』訓練を含む5つの作戦演習と対テロ演習が実施されていた。演習には偽の『レーダー標的』が航空管制スクリーンに導入されていたことが明らかになっている」。

              "Simulations" of a terrorist attack were also undergoing in 2005 in London, when the actual attacks took place:

               テロ攻撃の「模倣」は、実際のテロ攻撃が発生した2005年のロンドンでも実施されていた。

              "On the afternoon and evening of 7th July 2005, information came to light about a private company running a terror rehearsal operation in London at the time that real explosions were reported to have occurred on the transport network. These revelations came not from an anonymous source but instead from the Managing Director (Peter Power) of the private firm running the terror rehearsal operation."

              「実際の爆発が交通網で発生した2005年7月7日の午後から夜にかけての、民間企業による対テロ予行練習実施に関する情報が明らかになっている。これらの情報は、匿名情報筋からではなく、対テロ予行練習を実施していた民間企業の最高経営責任者(ピーター・パワー)によってもたらされていた」。

              Do you think it was just a coincidence? Well, think again!Peter Power: "Our scenario was very similar (...) it was based on bombs going off, to the time, the locations, all this sort of stuff. (...) there was a few seconds when the audience didn't realize whether it was real or not."

              これはただのなの偶然だろうか?もっとよく考えてみよう

              ピーター・パワー(Peter Power):「爆弾の爆発に関する基本的な事柄、時間、場所、その他これに類する要素が私たちのシナリオと酷似していたため、参加者がその真偽を確認するのに数秒を要した」。

              "Yesterday we were actually in the City working on an exercise involving mock broadcasts when it happened for real. (...) When news bulletins started coming on, people began to say how realistic our exercise was - not realizing there was an attack."

              「昨日、私たちはそれが実際に発生した時、模擬放送に関連した演習のため実際にシティに居た。ニュース記事が流れ始めた時、それが本物の攻撃だとは気づかず、この演習の臨場感を皆が口にした」。

              I don't know how many of you know, but almost one hour after the London Underground tube system attacks, a fourth bomb was detonated on the top deck of a double-decker bus.

              ロンドン地下鉄攻撃のほぼ一時間後に、第4の爆弾が2階建てバスの上層階で爆発した事を一体どれほどの人が知っているのだろうか。

              But Mr. Power's "simulation" did not included any bus bombing "simulation"...or has it?

              しかし、パワー氏の「予行練習」には、バスの爆破に関する「練習」は一切含まれていなかったのか、それとも?

              Peter Power: "We simulated a scenario with multiple bomb explosions (...) and 1 bus interchange, to stretch ourselves and test our capabilities." -- [3].

              ピーター・パワー:「私たちは自分たちの能力を極限まで広げ、その能力をテストするため1つのバス乗換駅を含む複数の爆破シナリオを想定していた」。

              And there is more!

              During the Sandy Hook massacre, the Department of Homeland Security and FEMA conducted an exercise entitled: "Needs for children in disasters" at the same day, 12/14/2012, and in the same State as the Sandy Hook events! -- [4] at 1:16:23 into the documentary.

               サンディフック銃乱射事件が発生した同じ日の2012年12月14日、同じ州において国土安全保障省とFEMAは「災害時における子供への必要事項(Needs for children in disasters)」と題した演習を実施していたのだ!

              A "simulation" for a 7.9 Richter earthquake was planned on March 20, 2012 in Mexico. In the same day, a 7.9 magnitude earthquake actually occurred. [5].

               マグニチュード7.9の地震に対する「予行練習」は、2012年3月20日にメキシコで計画された。その同じ日に、マグニチュード7.9の地震が実際に発生している。

              "Colorado University held identical drill, the same day as the Batman massacre." [6] Alex Jones.

               「コロラド大学は、バットマン乱射事件と同じ日に同一の演習を実施していた」。

              The Oslo, Norway, bomb attacks -- "In Oslo, a powerful bomb went off in or near the building which houses the office of the Prime Minister. Exactly as we would expect, special anti-terror police had been drilling setting off bombs in a nearby part of the Norwegian capital in advance, specifically during 2010. The public had not been informed in advance, but found out what was happening when they began hearing bombs in the opera house district, less than a kilometer away from the prime minister’s office which was attacked on Friday. Here is a report from the newspaper Aftenposten:

              ノルウェー、オスロ爆破事件 「オスロで強力な爆弾が首相府周辺で爆発した。それに先駆けること2010年、対テロ特殊警察がノルウェー首都近郊で爆発物に関する演習を実施していた事は想像に難くない。大衆には前もって公表されていなかったが、金曜日に攻撃を受けた首相府から1キロメートルも離れていないオペラハウス地区で爆発音を聞いた時、彼らは何が起きたのかを看破した。

              'Armed police were seen in the area around the opera house in Oslo, and violent explosions could be heard over large parts of the city. No one knew that this was all a matter of practice. The Information Section of the Oslo police deeply regrets that the public was not made aware of the seemingly dramatic exercise….It was the emergency squad, the national police special unit against terrorism, which was conducting a drill in the cordoned off area at Bjørvika pier.

              「武装警察の姿がオスロのオペラハウス周辺地区で見られ、市の大部分で大きな爆発音が聞こえた。この全てが演習だと知る者は誰もいなかった。この一見ドラマチックな演習を大衆が気づかなかった事に対し、オスロ警察広報課は遺憾の意を表明している。ビョルヴィカ桟橋の封鎖地域で演習を実施したのは、救急隊、国家警察対テロ特殊部隊だった。

              According to a press release from the police, nearly a day after the exercise, the drill consisted of training in the controlled detonation of explosive charges….The exercise will continue for the rest of Wednesday night and a few more explosions are expected….The exercise followed a familiar pattern for all anti-terror forces around the world: The men lowered themselves down from the ceiling and into through the window that had just been blown out, while they fired hand their weapons.'" [7] & [8].

              警察の新聞発表によると、爆発物の制御爆破訓練から成る演習からほぼ1日が経過した後も、演習は水曜日の夜間まで続けられ、さらに幾つかの爆発が見込まれていた。演習は世界中の対テロ部隊にとって一般的なパターンに則ったものであった。部隊が攻撃する間に爆破された天井や窓から侵入する。

              The officials have already labeled this as a TERRORIST attack. It is indeed a terrorist attack, but the terrorists are the so called "elite" who stage and benefit from these acts of terror.

              関係筋はこれをテロ攻撃に分類していた。いかにもそれはテロ攻撃ではあるが、このテロ行動を設定し支援しているテロリストは、いわゆる「エリート」なのだ。

              It is yet another deception, PLEASE, do not fall for it! As a result, we will loose even more of our liberties. Let us wait and see who will be falsely accused by the Babylonian Brotherhood and we shall find out what their secret agenda is, in this case. Stay OPEN MINDED and, please, share the article. It is crucial to spread awareness.

              他にも欺瞞はまだあるが、どうかそれらに引っかからないで欲しい!結果として、私たちはさらに自由を失うことになるのだから。バビロニアン・ブラザーフッドが誰を不当に糾弾するのか待っていれば、彼らの秘密協定を見つける事が叶うだろう。常に心を開き、そしてこの記事を共有して欲しい。覚醒を広めるためにこれは極めて重要なのだ。

              Update 01: "University of Mobile’s Cross Country Coach, who was near the finish line of the Boston Marathon when a series of explosions went off, said he thought it was odd there were bomb sniffing dogs at the start and finish lines.

              更新01.:「一連の爆発が発生した際、ボストン・マラソンのゴール地点近くに居たモビール大学のクロスカントリー部コーチによると、爆発物探知犬がスタート地点及びゴール地点に居たのを奇妙に感じたという。
              'They kept making announcements on the loud speaker that it was just a drill and there was nothing to worry about,” Coach Ali Stevenson told Local 15. “It seemed like there was some sort of threat, but they kept telling us it was just a drill.'

              『彼らは、これは演習であり何も心配する事はないと、拡声器で繰り返しアナウンスしていた』とアリ・スティーブンソンは地元メディアに話している。『それは何らかの脅威のように感じたが、それでも彼らはこれがただの演習だと言い続けていた』

              Stevenson said he saw law enforcement spotters on the roofs at the start of the race. He's been in plenty of marathons in Chicago, D.C., Chicago, London and other major metropolitan areas but has never seen that level of security before." -- Source.

              レース開始時に屋根の上に警察の監視員が居るのを見かけたとスティーブンソンは話している。彼はこれまでにも、シカゴ、ワシントン、ロンドンやその他の大都市で開催された多くのマラソンに居合わせた事があるが、これほどまでのレベルのセキュリティ体制は見たことがないという」

              Update 02: Apparently, "Sandy Hook parents, families and townspeople were among the VIP attendees invited to sit in the grandstands at the finish line...the location of the first blast." -- Source.

              更新02:「VIP参列者の中にはサンディフックの家族や親族、住民が最初の爆発が発生したゴール地点の特別観覧席に招かれ着席していた」事は確かだ。

              Update 03: The word "terrorism" is being used EXCESSIVELY on most main stream news channels. They pretend to be impartial and warn us not to jump to conclusions, but it's just a deceptive tactic. What they are actually doing, is inducing this idea into to the people's subconscious. Repeat something enough times and it will become fact.

              更新03:「テロ」という言葉は、主要ニュース番組で過剰に使われている。彼らは公平なフリをし、私達に慌てて結論を出さないよう警告しているが、それこそが欺瞞の戦略なのだ。彼らが実際にやっている事は、人々の潜在意識をこの考えに誘導しているのだ。何度も何度も繰り返せばそれが事実となるのだ。

              Update 04: Do you remember the FAKE victims of 9/11? I will now present you Dawn, the Principle of Sandy Hook elementary school, who was killed in the massacre. Or was she?

              更新04:9/11の偽の犠牲者を覚えているだろうか?サンディーフックの小学校の虐殺によって殺害されたドーン(Dawn)を紹介しよう。それとも彼女だったのか?

              According to the main stream media, this time her name is Donna and she was just a few blocks away from the Boston bombings.

              主流メディアによると、今回の彼女の名前はドナ(Donna)であり、彼女はボストンの爆破テロの数ブロック先に居合わせていたという。
              comments(0) | trackbacks(0) | - | PAGE TOP↑
              海岸沿いで発生する地球規模の出来事をWebbotが予言している
              category: 2012年 | author:
              0
                皆さま、ご無沙汰しております。
                なかなか陰謀系のページを見る時間が作れなくて未更新のまま数ヶ月が経過してしまいましたが、本日はウェブボットの予言をご紹介します。
                更新をサボっている間にも12月21日が刻々と近づいていますが、それとの関連も気になるところです。
                おそらくは、何も起きずにクリスマスを迎えてしまうと思いますので、そうなれば何かサプライズでもご用意したいと思います。
                では、短い記事ですけれどご覧下さい。



                Webbot Predicts a Global Coastal Event

                Webbot Predicts a Global Coastal Event

                海岸沿いで発生する地球規模の出来事をWebbotが予言している

                2012年11月28日(水)

                Webbotは、地球規模の海岸沿いでの事象、あるいは津波の発生と無政府状態を予言している

                政府があなたに知らせていないことに関して内密の情報がある。2年分の食料の確保と場所がカギとなる。私はオザークス(Ozarks)にしようと思っている。ニビルは12月になると見えるようになるだろう。ニビルは、ケムトレイルの無い場所で赤いフィルターを通して見ることが可能となる。ウェブサイトのpoleshift.ning.comに行ってみるといい。最低でも6人からなるグループを作ることだ。残された時間は非常に少ない。彼らが「見ている」のは真実かもしれない。問題は、誰が私たちに小惑星を送り込もうとしているのか?なのだ。フォン・ブラウンが話した嫌なことの一つが、異星人の侵略がマスコミに取り上げられることだ。またあなたは信じないだろうが、彼はこうも言っている。私は信じないが、小惑星は異星人の工作によるものか、或いは自然発生するのだという。それが起こるとすれば、手立てはたった1つしか残されていない。エリート達は既に自らの掩蔽壕を用意している。調べれば分かる事だが、ジョージア・ガイドストーンには世界の人口を5億人に減らすと記されているのだ。

                comments(0) | - | - | PAGE TOP↑
                元国務省古株職員の爆弾発言:第三次世界大戦は9月25日に始まる
                category: 陰謀説 | author:
                0
                  本日は、昨日発見した記事で翻訳が間に合わなかったものをご紹介いたします。
                  来週は中東情勢から目が離せなくなりそうです。


                  Former State Dept. Veteran Drops Bombshell: WWIII Starts Sept. 25

                  Former State Dept. Veteran Drops Bombshell: WWIII Starts Sept. 25

                  元国務省古株職員の爆弾発言:第三次世界大戦は9月25日に始まる

                  投稿者、Dominique de Kevelioc de Bailleul 2012年9月18日

                  Infowarsのアレックス・ジョーンズとの対談で、元国務次官補代理のスティーブ・ピーゼニク博士(Dr. Steve Pieczenik)は、米国大統領選が行われる11月6日までにイスラエルはイランへの攻撃を計画しており、そのイランへの攻撃は確実に第三次世界大戦の開始につながると話している。

                  さらに、その職歴がトム・クランシー(Tom Clancy)の著作の登場人物ジャック・ライアンを彷彿とさせるピーゼニクは、「10月サプライズ(October Surprise)」は10月に実行されることはないと話している。それに代わる大きな衝撃が、それよりも早い9月末に到来するという。

                  イラン攻撃の詳細な日付は、2012年においては25日の日没から始まり、翌日の夕方に終わるユダヤの祝日ヨム・キプル(Yom Kippur)の間の9月25日か26日であるとピーゼニク博士は話している。

                  「それ(イスラエルによるイランへの攻撃)は、ヨム・キプルが原因で10月よりも早くなる可能性がある。また、このラジオ番組で示し、また個人的に私の知る国家安全保障担当者達に示したように、ベンジャミン・ビビ・ネタニヤフはユダヤ新年(Rosh Hashanah)に何かを開始するだろう」という。

                  「これは1年以上も前(の予測)であり、このラジオ番組でそのように話している。彼は時計のように分かりやすく、ヨム・キプルに関して言えばイスラエルは非常にありきたりだ」と付け加える。

                  イスラエルのビビ・ネタニヤフ首相は、イラン攻撃を既に計画しており、彼への支援を表明するよう米国に猛烈に働きかけているとピーゼニクは話している。しかし、米国の直接的支援の有無にかかわらず、イスラエルがイランを攻撃するのは確実だという。

                  彼の話では、ネタニヤフは個人的または利己的な動機のために「嘘をつく」過激論者であり、彼の政権に抗議している多くのイスラエル人によって結論は出されている。

                  「アメリカ人とアメリカ系ユダヤ人にビビが話す全ての事は、絶対的で純然たる嘘なのだ」と自身もユダヤ人のピーゼニクは力強く語る。

                  「私の好みに関わらず大統領に対抗するため、そしてオサマ・ビン・ラディンに関する嘘への、サウジアラビア、アメリカのネオコンユダヤとイスラエルによる共謀なのだ」また「彼(オバマ大統領)は、CIA工作員の息子であり、諜報とは何であるかを熟知しているCIA工作員の孫でもある」と付け加えている。

                  ピーゼニクによると、ネオコンの友人の支援により、ネタニヤフはイランは攻撃されるべきであり、たとえそれが暗殺であったとしても、イスラエル首相のは(イランを)終わらせる必要があるという、自殺的な考えによって全世界を脅迫しているという。

                  「ラビンの身に起きたように、元モサド工作員や元シンベトがネタニヤフを抹殺しない限り、彼ら(イスラエル、サウジ、ネオコン)は2〜3週の間に別の戦争を始めるだろう」とピーゼニク博士は声を荒げた。「彼らは私の考えを知っている。そうでなければ、彼はイスラエルそして世界を破滅させ、その結果そこには第三次世界大戦が待ち受けているのだ」。

                  同様に、「主要な二カ国により引き起こされる戦争の瀬戸際に私たちを追いやっているのは何なのか。それは、イスラエル、特に自国が経済的にも社会的にもそして政治的にも衰退していることを知っているビビ・ネタニヤフであり」、もう一カ国は「サウジアラビア」なのだ。

                  ピーゼニクによると、9-11攻撃の背後にはイスラエル、サウジそしてネオコンの存在があると、事件を調査している多くが何年も前から非難している。ある種の「陰謀論者」による狂気じみた考えが一度でも提唱されると、殆どの陰謀論者が中傷された結果、議員による9-11事件の再調査への真剣な提案なされずにいる。

                  今日、「陰謀論」或いは「内部犯行」説は、当時9-11の公式議会報告により発表された報告書よりも、さらに「事実」に近いと考えられ、米国への偽旗攻撃と、オサマ・ビン・ラディン、イラクそしてアフガニスタンの犯行であるとの主張はモサド、サウジそしてネオコンが画策した謀略であるという強力な可能性が生じている。

                  モサドの変化に富んだ過去と1967年6月8日に発生した、34人のアメリカ軍兵士が犠牲となったリバティー号襲撃事件への関わりの証拠として、ピーゼニクのコメントは多くのアメリカ人にとって大きな驚きとしては捉えられないだろう。

                  ネタニヤフには「9-11へのイスラエルの関与について真実を語ること」を求めるとピーゼニクは話している。「9-11に関連して134名以上のモサド工作員が逮捕されている。FBIは彼らを逮捕し(そして)事情聴取している。9-11に関して彼らがパキスタンのISIやサウジアラビアの諜報機関と関係していたのは明白だ」。

                  ピーゼニクによると、クリストファー・スティーブンス駐リビア米国大使に関する限り、イスラエル、サウジアラビアとシオニストネオコンの陰謀団に殺害されたのだという。

                  「大使の殺害は突発的な戦争であり、最終的にイスラエルはイランに足を踏み入れ、イランを破壊しようとする」と彼は話している。「それはイスラエル終焉の始まりとなるだろう。もしイランを攻撃したなら、それはイスラエルにとっての最終戦争となるのだ」。

                  「ペンタゴンの情報筋は、大使が駐在していた大使館と暴徒との距離に非常に隔たりがあり、反応に2日間の遅れが出ていた。彼ら(スティーブンス大使と3人の大使館職員の殺人者)は、プロであり大使を捉える準備が整っていた」また「サウジアラビアの賛同も得ていた」と彼は付け加える。

                  加えて、ニューヨーク市における航空機2機による爆破活動、ペンタゴンに突っ込んだとされる別の航空機や、ペンシルバニアの森林地帯に墜落させられたとされる航空機へのサウジアラビアの関与では、「サウジアラビアとイスラエルは双子であり、サウジアラビアからイスラエルを、或いはイスラエルからサウジアラビアを分離する方法は無い。彼らは9-11へと後戻りしているのだ」という。

                  その後、9-11の黒幕であると言われているオサマ・ビン・ラディンが殺害の対象となる。ピーゼニクによると、ネイビーシールのウィリアム・マクレイブン提督とオバマ大統領のパキスタンでのビン・ラディンの死に関する答弁は、別の純然たる「嘘」なのだという。

                  「そして私たちは、オサマ・ビン・ラディンはシールチーム6によって殺害されたという事が不正確で公衆に対する嘘だとオバマ大統領が言っている、オサマ・ビン・ラディンの問題に取りかかるのだ」とピーゼニクは示す。「残念ながら、品行正しいマクレイブン提督は、何らかの理由でシールチーム6がオサマ・ビン・ラディンを殺害したと繰り返し主張している」。.

                  ピーゼニクによると、ビン・ラディンは既に死亡しており、マクレイブン提督もその事を知っているのだという。

                  9-11の非公式調査から、ピーゼニクが「ポール・ウォルフォウィッツ、エリオット・エイブラムス、マイケル・チャートフ」の「ネオコン・チキン・ホークス(neocon chicken hawks)」と読んでいる名前が生まれた。

                  「元CIA工作員のチャールズ・アレンが運営しているチャートフグループは、CIAとFBIの隠れ蓑に他ならない」と彼は付け加える。

                  さらに、ピーゼニクによると、リビアで発生した暴動、リビア大統領ムアンマル・アル=カッザーフィーの暗殺、クリストファー・スティーブンス駐リビア米国大使の殺害の背後に米国諜報機関の存在があったという。

                  「なぜこの大使なのか」ピーゼニクはこの点を誇張して問いかける。「聞き手の共感を得るためにそれは非常に重要だと考えている。スティーブンスは『アラビスト』だったのだ」

                  彼はInfowarsのリスナーに、いわゆるアラビストがアラビア文化、言語や歴史の専門家であることを繰り返し説明している。しかし、これら国務省の専門家達は、ユダヤ国家に対する同情を引き起こすため、イスラエルが長期に渡り進めているプロパガンダ戦争への脅威となり得るのだ。.

                  ピーゼニクによると、イスラエルはアメリカの友人ではないという。

                  「地政学的観点から、イスラエルは戦略的障害であり、その状態は20年以上に渡り続いている。1968年以来、ソ連政権の下で東部、南部、北部の側面を防御していたという事実以外に私たちはイスラエルを必要としていない」と彼は話している。

                  ピーゼニクによると、直近に発生した甚だしい例として、ブルガリアでのツアーバス爆破のイラン政府関与に対する、ネタニヤフのワンパターンの非難と共に、間もなくイスラエルは全面的な「挑発的なプロパガンダ」作戦に取りかかるという。ブルガリアのバス爆破事件は現在も捜査中だ。

                  しかしオバマ政権は、ブッシュ政権による犯罪と嘘に満ちたイラクやアフガニスタンに対する攻撃の失敗から、これ以上俗受けしない戦争に巻き込まれるような話には乗らないだろう。

                  「ネタニヤフは、ペトレアス将軍が彼を助けないこと、デンプシー参謀総長が彼を助けないこと、米海軍が彼を助けないこと、マクレイブン海軍大将もオバマも彼を助けないであろうことを分かっていない」とピーゼニクは示唆する。「彼にはそのメッセージが通じていないため、サウジアラビアだけが支持する「挑発的プロパガンダ」と呼んでいる向こう見ずな行動によって、彼が米国大使の1人を殺害するまでこれを押し通すのだ」。

                  9月25日と26日がヨム・キプルに該当する。これらの日付に注意するようピーゼニクは話している。


                  Follow Chemblog on Chem_Blogをフォローしましょう

                   



                  comments(0) | - | - | PAGE TOP↑
                  現在の富士山の圧力は前回の噴火時よりも高いと専門家が警告している
                  category: 気候変動 | author:
                  0
                    本日は、日本のお話なのですが、何故か英国のサイトの記事をご紹介します。
                    富士山がそろそろ危ないようです。これまでも幾度となく言われて来ましたが、今回はどうなるのでしょうか?
                    出来れば、もっと先延ばしになってくれた方が良いと思っていますが、世界中の火山活動の活発化を見ていますと富士山だけが別とはいかないようです。

                    周辺にお住まいの方はくれぐれもご用心を、お願いします。


                    Pressure in Mount Fuji is now higher than last eruption, warn experts

                    Pressure in Mount Fuji is now higher than last eruption, warn experts

                    現在の富士山の圧力は前回の噴火時よりも高いと専門家が警告している

                    記事、Liat Clark 2012年9月6日

                    現在の富士山のマグマ溜まりの圧力は、この4,000m近い日本の火山が最後に噴火した1707年よりも高くなっており、火山学者達は災害が間近だと考えている。

                    防災科学技術研究所が実施した最新の計測では、圧力は噴火の引き金となる0.1メガパスカルの16倍近い1.6メガパスカルを示したという。

                    藤田英輔主任研究員が共同通信に話したところによると「これは小さな数字とは言えない」という。

                    研究者達は、東京の南西100Kmに位置する火山の大幅に遅れている噴火が何時かあると考えている。2000年と2001年には、火山の地下で群発する低周波地震が記録されたことから、噴火が近いという予測が広まった。2011年3月とそれに続く4日後のマグニチュード6.4の地震で、日本国内の緊張は高まっており、また2012年5月には琉球大学の教授が、蒸気とガスの噴火口からの放出、周辺での水の噴出、近辺の巨大な穴からの加熱した天然ガスの放出と、最終的にこの教授が警告を発する極めつけとなった、火山地下の34Kmにも及ぶ断層の発見という、幾つかの主要な要因を挙げて大噴火が3年以内に起きると警告している。断層にさらなるズレが生じた場合、山腹は完全に崩壊し、噴火の際に大量の泥と地滑りを引き起こす崩壊の原因となるだろうと専門家は示唆している。

                    2011年に発生した岩盤変動の局部集中は、マグマ溜まりに莫大な圧力を加える結果となった事が最新の計測結果で証明されているが、防災科学技術研究所は圧力は噴火の一要因に過ぎないとして警告の表現を弱めている。しかしながら、1707年の地震それ自体が、その後のマグマ溜まりの圧力を上昇させる結果につながる地震の原因となっている。

                    「2011年に発生した地震後数年内の富士山噴火の可能性があるため、今後の展開を注意深く見守る必要がある」と代表者は話している。

                    2004年の政府報告では、噴火による被害額は190億6,000ポンドと推定されている。しかし、新たな調査が静岡県によって行われている。調査は、さらなる地震の発生が間近であると懸念されている南海トラフに沿った東海、東南海及び南海地域における、一連の同時多発地震による潜在的ダメージに焦点を当てている。この地震の最新モデルによると、最悪の場合32万3,000人が死亡し、震動が富士山噴火の引き金となるという。

                    神奈川、山梨そして静岡など影響を受ける地域では、地方自治体間で計画向上と2013年4月の避難所準備のための会合を行い、2014年までに避難訓練実施を計画しているという。


                    Follow Chemblog on Chem_Blogをフォローしましょう

                     
                    comments(0) | - | - | PAGE TOP↑
                    ザルダリ大統領:娘を助けて下さい!
                    category: - | author:
                    0
                      本日は、ダウン症の少女が処刑されるのを救おうというページをご紹介します。
                      100万の署名を目指しているようです。わたしも署名をしましたが、名前(ニックネームでもOK)と国名だけでも署名できるようなので、協力してやろうと思われる方はよろしくお願いします。


                      President Zardari: Save my daughter!

                      President Zardari: Save my daughter!

                      ザルダリ大統領:娘を助けて下さい!

                      2012年9月2日更新
                      私たちの抗議の声は政府に届いています。現在、600人ものキリスト教徒の家族が強制的に家から追い出されていると伝えられる間にも、パキスタン警察が、Rimshaのカバンにコーランのページを入れて、罠にはめようとしたとして聖職者を逮捕したため、緊張が高まっています。どうかRimshaを自由にするため、またこの弱いコミュニティを保護するために100万の署名をお願いします。

                      2012年8月27日投稿
                      これは、パキスタンのイスラマバードに住む、Misrek Masihから送られたメッセージです

                      先週、怒り狂った集団が私の娘を生きたまま焼き殺すと脅迫しています。数日のうちに娘を自由にするか、投獄しておくのかの判断が下されます。Rimshaは精神的障害を持った未成年で、しばしば自分の行動をコントロールできなくなります。パキスタンの地元警察は、娘をコーランを汚した罪で逮捕しており、私たちは彼女の命をとても心配しています。

                      現在、彼女は最大限に保安が施された刑務所に留置されており、数時間のうちには、死刑を支持しているパキスタンの冒涜法の下で裁かれようとしています。私たちは、哀れなキリスト教徒の家族なのです。娘に対する群衆の怒りを目の当たりにし、他の多くの家庭も同様の脅迫行為に直面しており、その場を逃げ出すか恐怖のうちに暮らすことを強要されています。しかしRimshaの件で国際的な注目が集まったおかげで、この不当な処置に対して声を上げるよう、パキスタンのイスラム主導者達を勇気づけ、またザルダリ大統領も注目せざるを得なくなりました。

                      どうか娘の件に関して世界規模の抗議で私たちを助けて下さい。Rimshaの命を救い、私たちとその他の弱い少数派の家族を保護するよう求める、ザルダリ大統領への嘆願書に署名をお願いします。Avaazは、この運動を地元及び国際メディアと共有し、ここにいる全ての政治家と共に状況を注意深く見守っています。


                      Follow Chemblog on Chem_Blogをフォローしましょう

                       
                      comments(0) | - | - | PAGE TOP↑
                      オバマ大統領が2012年末までにアメリカの戒厳令を宣言するとロシアの専門家が予測している
                      category: 陰謀説 | author:
                      0
                        本日は、以前からアメリカの分裂を唱えていますロシアの教授の話をご紹介します。
                        今年中に戒厳令が宣言されると主張されていますが、これは実現して欲しくはない内容です。

                        本当は、今一番話題になっています、ハリケーンアイザックについての記事をご紹介したかったのですが、あまりまとまった物がありませんので、発見次第ご紹介したいと思います。


                        Russian Expert Predicts Obama Will Declare Martial Law in America by End of 2012

                        Russian Expert Predicts Obama Will Declare Martial Law in America by End of 2012

                        オバマ大統領が2012年末までにアメリカの戒厳令を宣言するとロシアの専門家が予測している

                        投稿者、Bill Rummel

                        Susanne Posel、2012年8月27日

                        ロシア外務省外交アカデミーのイゴール・パナリン(Igor Panarin)学部長は、オバマ大統領が2012年末までに戒厳令を宣言すると見ている。「現在、分裂が発生する確率は45〜55%となっている」と彼は説明している。

                        2009年、パナリン教授は外交アカデミーの席上で、2010年に米国は崩壊するとの考えを述べている。彼はアメリカをナチスドイツと比較し、米国はロシア経済を破壊する世界規模の金融危機に対する責任があるとしている。

                        コロンバイン高校銃乱射事件を引き合いに、アメリカ社会は終末を迎えているとパナリン教授は話している。2008年の銀行への緊急援助と相まって、米国経済はもはや世界的に優位な立場になく、アメリカンドリームは過ぎ去ったと、パナリン教授は考えている。

                        大量移民、経済の衰退、そしてモラルの低下が、アメリカを米ドル崩壊の中心となる市民戦争に突入させると、彼は強く主張している。

                        パナリン教授は、米国がどのように分裂するのかを自らが把握した地図を作成している。米国の一部は、外国勢力に占領されると彼は主張している。

                        アメリカの社会的風土を考えると、パナリン教授の言葉は予言のように聞こえる。

                        ラボック郡(Lubbock County)のトム・ヘッド(Tom Head)判事は、地元のフォックス系テレビ局に、オバマの再選は、市民間の不安定鎮圧のため、政府による戒厳令の利用を正当化する事を確信していると話している。ヘッド判事は、ラボック郡の保安官事務所と弁護士事務所を「補強」するため、地方税を増加するよう求めている。

                        ヘッド判事は、オバマが国連NATO軍を米国本土に展開すると、市民の間に混乱が起きるとの懸念を表明している。「彼は米国の統治を国連に手渡そうとしている。そんな事をしたら何が起きると思う?私は最悪のシナリオを考えている。市民間の混乱、市民の反抗、市民戦争、ただの暴動やデモのことを話しているのではないのだ」

                        2012年3月、オバマは、平時に戒厳令を宣言する大統領令、国防資源の準備(National Defense Resources Preparedness=NDRP)にサインしている。オバマは、国内全てのエネルギー、生産、輸送、食用及び水を国家安全保障の名の下に、彼自身が支配することを認めさせている。

                        NDRPは、アメリカ人の一部、或いは全てが政府に楯突いていると考えられるような国家の非常事態の際に、米国政府に「国家資源」分配の権限を持たせる、1950年国防生産法(Defense Production Act of 1950)をその根底に有している。米国民全てのコントロールには、政府の継続性の保持が必要となる。正当な理由がある状況下で、大統領と顧問団は、最善だと考えられる事のために、この命令の利用が可能となる。

                        国防権限法(National Defense Authorization Act = NDAA)は、米国内を「戦場」と宣言するというのは間違いではない。告発や裁判無しで、単に嫌疑だけで如何なるアメリカ市民をも拘束可能な力は、NDAAの権力のカギとなっている。

                        NDRPの特徴として、大統領は特定の連邦機関の統治を監視するため、アメリカの資源分配をコントロールする。

                        ・国防長官は水資源の全てに関する権力を有する

                        ・商務長官は、建設資材を含む全ての物質的なサービス、及び施設に関する権力を有する

                        ・運輸長官は、民間人の移動形態の全てに関する権力を有している

                        ・農務長官は、食品資源及び食品施設、畜産プラントの健康資源、国内で供給される農機具に関する権力を有している

                        ・保健福祉長官は、保健資源の全てに関する権力を有している

                        ・エネルギー長官は、全てのエネルギー形態に関する権力を有している

                        ナチ管制下のドイツでは、1943年に国による配給制につながる食品価格の凍結の際に、全体主義的コントロールが始まったのが、1942年の5月だったと証明されている。ナチのコントロールする資源の分散には、食料、ガスの獲得には配給カード、限定的な移動においてさえも休暇許可証を全ての市民に要求していた。

                        NDAAとNDRPの間には、アメリカの一般住民に対するナチモデルのコントロールが展開されている。行政府には、全ての市民を養っていくために必要な、全資源をコントロールするための権力が与えられている。アメリカ人を米国政府に完全に従属させる事を強要するのだ。

                        大統領令は、「この憲法により付与される全ての立法権は、上院と下院で構成される合衆国連邦議会に属する」と記されているアメリカ合衆国憲法では認められていない。大統領令の登場は、議会の権力を完全に回避し、行政府に一方的な権力を与えることを意味する。大統領令の使用は、戦時及び国家非常事態の到来時に、アメリカをコントロールする方法として一般的になりつつある。

                        オバマは、平時の間のアメリカ合衆国憲法の停止を前もって告げることによって前例を作った。

                        合衆国憲法と権利章典が初めて停止されたのは、アメリカ市民戦争の間にエイブラハム・リンカーンによって執行された。これによってリンカーンは、「政治犯」を議会の承認無しで非合法に留置する事が可能となった。

                        米国市民の違憲留置に関する第二の宣言は、第二次大戦中、告訴無しで収容所に送るため、日系アメリカ人が一斉検挙された1941年に、ルーズベルト大統領によって命じられた。

                        過去30年間、アメリカ獲得のための計画は、大統領令の長い列の中に布設されている。議会の承認を抑圧することで、行政府は特定の又は全ての米国民を拘束し、全てのメディアを差し止め或いは制限し、特定の又は全てのアメリカ人に対し、大統領が適切であると判断したあらゆる方法で拘束する権限が与えられている。

                        私たちは、立憲共和国のファシストによる乗っ取りの只中にあるのだ。


                        Follow Chemblog on Chem_Blogをフォローしましょう

                         

                        comments(0) | - | - | PAGE TOP↑
                        new old
                        PR
                        SELECTED ENTRIES
                        CATEGORIES
                        ARCHIVES
                        RECENT COMMENTS
                        LINKS
                        PROFILE
                        OTHERS
                        SEARCH